腸内細菌とおなら

「良いおなら」と「悪いおなら」

おなかの不調に悩む女性

この世に腸とおしりがある限り、わたしたちを悩ませるのが「おなら」ですよね。静かな場所や、あろうことかデートの最中などにガスがたまって真っ青になった、などという経験はほとんどの方にあると思います。腸内環境を整えていけば、この厄介な生理現象にも変化があるのでしょうか?

 

まずは敵を知りましょう。おならは、炭酸飲料や早食いで飲み込んだ空気が出てくるものもありますが、多くは腸内で食物が消化・分解されるときに発生した気体がその正体です。

 

消化で発生するおならには、「良いおなら」と「悪いおなら」とがあります。
arrow ビフィズス菌などの善玉菌が、炭水化物や食物繊維を分解するときに発生するのは、基本的に二酸化炭素などの無臭、無害のガスで、こちらはいわば「良いおなら」です。

 

arrow 一方、タンパク質は悪玉菌によって分解されます。このときもガスが発生しますが、こちらは腐敗ガスのようなもので、アンモニアや硫化水素といった悪臭成分を含んでおり、とても臭いガスです。しかも、このにおい成分は体内に活性酸素を発生させてさまざまな病気の原因を作るなど、体に有害でもあります。まさに「悪いおなら」ですね。

 

しかしこのように見ると、良し悪しにかかわらず、おならというのは食物の消化と密接に結びついていることがわかります。ビフィズス菌や、餌になる食物繊維などを摂って腸内環境を整えると、悪玉菌が減少するため悪いおならは減ります。でもそうなると、良いおならは、いわば出やすくなりますよね。

 

おならをおさえようとしてたとえば食物繊維の摂取をおさえると、餌がなくなって善玉菌が増えることができなくなり、今度は悪玉菌が増加しておならが臭くなります。

 

食物が分解されれば必ずおならが発生します。悪臭さえなければ、おならはむしろ、腸内で善玉菌が正常に働いている証明ですから、腸内環境を整えてもおならが減るということにはならないのですね。

 

止める、減らす、よりもうまく排泄してためこまないことをくふうしてみましょう。姿勢が悪いと腸に必要以上のガスがたまりますし、ストレスなども同様です。また、おならは便と一緒に排泄されやすいため、排便のときに下腹部をマッサージして、おならをできるだけ排出してしまうのも良い方法です。