腸内細菌 増やす

腸内細菌の働きと、増やす方法!

健康を気遣う女性

腸内細菌は小腸や大腸に生息している細菌で、総数は100兆個かそれ以上とも言われています。この腸内細菌は人間の健康を保つためにとても重要な存在で、科学的な研究によってその大切さがどんどん明らかになっています。そのため、腸内細菌を増やすことは、カラダにとって、とても素晴らしいことです。

 

腸内細菌の働きについて

arrow 体への影響については、やはり腸内の健康を保ち、便通を正常にするという働きが大きいです。腸内を弱酸性に保ち、腸の動きを高め、スムーズに出しやすい便を作ってくれます。

 

arrow 細菌やウイルスなどから体を守るための免疫力にも、腸内細菌は大きく関係しています。具体的には免疫力を高めてくれますし、免疫のバランスも整えます。
花粉症などのアレルギーは、免疫がバランスを崩すことで起きます。その点腸の細菌はバランスを整えてくれる働きがありますので、アレルギーの軽減効果があります。

 

arrow 心にも影響があり、たとえば腸内でビタミンを合成したり、その人の性格に影響を与えることもわかっています。

 

 

 

ところで腸内細菌を増やす方法をご存知でしょうか。そのためには腸の状態をよくすることが大切です。腸が健康になれば総数が増えて、善玉菌が増えることがわかっています

 

 

arrow 腸内細菌を増やす方法として、まずは善玉菌を補給してあげましょう。主な善玉菌にはビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌があります。これらの入ったヨーグルトやサプリメント、納豆などを食べることで、善玉菌を増やすことができます。
特に効果的なのが生きて腸に届く善玉菌です。胃酸や胆汁などで死なずに腸まで届いてくれるからです。ただ、胃酸などで死んでしまうタイプの菌でも、善玉菌の餌となって善玉菌を増やす効果がありますので、まったく無駄にはなりません。

 

arrow 次に、食物繊維も大切です。食物繊維は乳酸菌を増やす働きがありますし、腸内をお掃除することで腸内環境を改善し、善玉菌が生きやすいコンディションにできるからです。
不溶性食物繊維は便のかさを増やすことで腸を刺激し、少なくなってしまったお通じの回数を増やしてくれます。ただ、不溶性ばかりを取ると逆効果になることがありますので、水溶性も多めに取るようにします。

 

arrow もう一つ、もし便秘解消のために下剤や浣腸をよく使っているのであれば、なるべく使う回数を減らすように心がけましょう。これらは腸内を荒らしてしまいますので、善玉菌を減らすからです。善玉菌と食物繊維の摂取を行っていれば、便通が快適になってきます。そうすれば下剤や浣腸に頼ることも少なくなります。

 

 

善玉菌をさらに応援するためには、オリゴ糖も飲みたいところです。オリゴ糖は粉末やシロップなどで売られていますし、ごぼうなどにも含まれています。そして、ビフィズス菌を増やしてくれます。

 

便秘対策としては、水分を多めに飲むというのもとても効果があります。腸内の水分を増やすことで、快適なお通じを実現してくれるからです。腸は敏感な器官ですので、上手にストレスを解消したり、疲労を回復してあげることも大切です。こうした対策を地道に行えば、必ず腸内細菌、善玉菌を増やせます。